rise company

ロンドンの劇場とプロデューサー


ロンドンに来て、二つのコミュニティーカンパニーに参加しています。

今はそのうちの一つのリハーサルがほぼ毎日あるのですが、

昨日は日本の劇場関係者の方が、文化庁の研修を通じて視察に来られていました。

先日、プロデューサーが

「今度日本に行くのよー!」と言っていたので

日本の劇場とも交流があるのかと嬉しく思っていた矢先でした。

 

休憩の合間にいろいろお話を聞かせていただきました。

 

渡英前に受けていた、一般向けの演劇レッスンが楽しくて

誰もがダンスを習うみたいに演技を学べる世の中になればいいなと思っていたのですが

年齢問わず演劇に親しむ機会を公共劇場の場から発信しよう、

という動きが盛んになっているそうで

そういう道もあったか!と気づく。

 

私が今いるThe Old Vicは、昔からファンの多い劇場。

ベン・ウィショーがハムレットを主演して一夜にしてスターになったり、

今年はレイフ・ファインズも主演していました。

そういう映像でも活躍する有名俳優の公演も手掛ける一方で

コミュニティーカンパニーの運営もしていたり、

俳優志望の若い人たちへの演技レッスン、

劇作家・演出志望の人たちへのワークショップ、

EU離脱や環境問題について演劇を通じて考えるイベントも手掛けています。

他にも地元の学校に出向いたり、招待したりしているそうです。

あとは劇場併設のカフェバーも素敵。

 

とにかくいろんな方法で、集客・創客する努力をしています。

 

そのためにプロデューサーが何をしているのか、昨日のミーティングで聞く機会がありました。

細かい契約条件の確認、意思決定、寄付をしてくれる団体との様々な調整・交渉・・・

プログラム一つ作るのにも、寄付をしてくれた団体のロゴのサイズや掲載順序など

ものすごく気を遣うようです。

そして今回は一時的に公園に劇場を建てるので

芝生にかける保険や芝生を保護する建築方法、屋根や壁の色や素材など

条例や予算を考慮に入れながら調整する日々。

リハーサル室の外ではそんなことが行われていたのかと、勉強になりました。

 

私は最近、カンパニー・マネージャーのアシスタントをしています。

彼女はいつ休んでいるのかと心配になるくらいよく働く人ですが、

「明日は久々にオフ!寝る!」と言っていたので

今頃ゆっくり休んでいることを願います。

 

私は日・月とお休みをいただき、

次は火曜日にマネージャーの手伝いをした後、Old Vicスタッフの会議に参加させてもらいます。

それまでに修士論文を進めなければ・・・


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です