IMG_3710

VERVEロンドン公演


ロンドンに来てから、コンテンポラリーダンスを観る機会が増えました。

というか日本にいる頃はバレエかストリートダンスばかりでしたが、

ロンドンにいると本当に沢山の公演・レッスン・ダンサーに出会います。

その中でも「これは!」と思ったのが、先日観に行ったVERVEロンドン公演。

リーズにあるNorthern School of Contemporary Danceという学校の、Postgraduate(修士)レベルの卒業生たちのパフォーマンスです。

 

Kai Tomiokaさんという、私の知人の知り合いの息子さんが出ているということで観に行ったのですが、

12人のダンサーの中でもひときわ重要な役を踊っておられました。

踊り方に品があって私好みだ!と思ったら、もともとバレエ学校でトレーニングされていたようです。

Kaiさんはじめどのダンサーも抜群の身体能力と表現力で、終始圧倒されました。

 

内容は約20分の作品が4つ、それぞれ異なる振付家による、実験的な作品でした。

普段アカデミックな視点でコンテンポラリーダンスを勉強している身としては、実験的な作品を観るとワクワクします。

セリフもある演劇的なもの、身体のみで表現する「これぞダンス!」というもの、いろいろありましたが

特に個人的に気に入った2作品を紹介します。

 

Athina Vahla振付 “A Soft Target”

実験的な作品群の中でも、一番ストーリー面・楽曲面でもオーディエンス・フレンドリーな作品(笑)

途中でものすごくハードなブートキャンプのシーンがあって、ダンサーは大変だったと思いますが・・・。

エドワード・バーネイズ著、”The Engineering of Consent”というエッセイからインスパイアされたそうです。

バーネイズは「広報の父」と言われる存在で、PR・プロパガンダが大衆に与える影響を論じた人。

作品中でもさまざまなシーンで、一人のダンサーによって他のダンサーが盲目的に支配される様子が描かれていました。

何がオーディエンス・フレンドリーって、バーネイズのことを知らなくてもダンスだけで何となく言わんとしていることが伝わってきたからです。

「なんじゃこれー!」と言いたくなる、観客を置いてきぼりにしたようなパフォーマンスより、

何かしら自分の心に引っかかるような、共通点や思い当たるふしがある作品がいいなと改めて感じました。

 

Anton Lachky振付 “Almost Poetic”

ショーのフィナーレを飾るに相応しい、明るくパワーをもらえる作品でした。

それぞれのダンサーのソロがあったのですが、衣装も一人ひとり違って

若いダンサーたちの個性が映えていました。

バレエだと集団で踊る時、個性を出すことは滅多にないので

1人ひとりの違いを出すのはコンテンポラリーダンスならではだなぁと感じました。

観ていて元気になれる作品。

 

世の中いろんなダンスの作品がありますが、

私は観終わったあとで「踊りたい!!!」となる作品が一番だと思っています。

VERVEを観たあと早速、会場にあったダンス・レッスンの案内をいただいて帰りました。

コンテンポラリーダンス、やってみたい。笑

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です