IMG_3435

人種とは?:Made Visible

ロンドンは温かくなったり寒くなったり。

私もすっかり風邪をひいてしまいました。

喉をやられたので、コーヒーを止めてひたすらはちみつレモンを飲んでいます。

 

そんな微妙な体調の中、Made Visibleというちょっと変わった劇を観に行きました。

 

この劇を紹介してくださったのは、以前London Bubble Theatreでお世話になった照明デザイナーの方。

ロンドンの劇場の第一線で活躍されている方なのですが、とても親切にしていただきました。

彼が照明を担当するということで、これは観に行くしかないと。

 

会場はロンドン五輪のスタジアムの近くにある、The Yard Theatre。

駅からすぐでしたが、道沿いの壁は落書きだらけであまり治安の良さそうな地域とは思えない…。

中に入ると山小屋のような隠れ家のような、温かい雰囲気のカフェバーがありました。

Time Out誌によると、ロンドンのベストシアター2位に選ばれたとか。(1位はNational Theatre)

 

開演直前、会場に入ると

俳優さんたちがステージでリラックスしながら台本を読んでいました。

セットは非常に簡素。

“Taken”と書かれたベンチ(誰か人が座っているということ)。

アクリル板にカラーペンで書かれた背景。

“Pond”と書かれた白くて丸いマット(公園の池を表している)。

 

上演時間になると、

「この劇は私が体験したように見えるけど、他の誰かが書いた作品を私が演じているだけ」

という前置きから始まりました。

物語に入り込みかけたところで、

「ちょっと台本のことで質問があるんだけど!」

と急に演技をやめて俳優同士で会話を始めたり、常に作品と一定の距離を置かざるを得ない状態でした。

 

一応ストーリーは、ある公園のベンチに座っていたインド出身の女性にカナダ出身の白人女性が話しかけ、

他愛もない話を展開するというもの。

そのシチュエーションについて、人種という観点で3人の女優さんが物語を出たり入ったりしながら議論します。

白人女性がインド人女性の横に座り、話しかけるというシチュエーションはあるのか?

このシーンを演じるのに、インドなまりの英語を話すべきか?

イギリス育ちのインド系女性が、白人を演じたらどうなるのか?

 

3人の女優さんのうち1人は若い白人のカナダ人(英語の発音もカナダ英語)、1人は40代くらいのインド系、もう1人はイギリス英語とインド英語を完璧に使いこなせる、恐らくイギリスで育ったと思われる若いインド系の女優さん。

劇中でも触れられていましたが、白人のイギリス人がこの舞台には出てきません。

なかなか面白いキャスティングでした。

 

ちなみにこの作品を書いたのは、Deborah Pearsonというカナダ・トロント出身の劇作家。

トロントは私も以前住んだことがありますが、街の半分は外国人と言われています。

いろんな人種が同居する環境にいたからこそ、書けた作品なのではないでしょうか。

 

彼女の他の作品も気になります。

 

 

IMG_3260

最後の授業

昨年9月に入学した大学院。

なんと、昨日で授業が終わりました。

あとは3本のエッセイ+修士論文のみとなります。

 

しかし早かった。

特に第2タームは、学校の授業に加えて学外での活動が急に増えたので

理論と実践をバランス良く学べたんじゃないかと思います。

今は週に2回ショーで踊ったり、衣装のお手入れを手伝ったり、5月末の作品に向けて振付と構成を考えたり。

観劇の回数は減りましたが、作る側になるのはやはり面白いです。

大学院に出すエッセイのネタにもなりますし。

 

さて、大学院ですが。

最後の授業を担当してくださったのは、私の修士論文のスーパーバイザー。

授業の最後に「今後もオフィスアワーはありますか?」と聞くと

 

「来週からしばらくニューヨークに戻るけど、もしニューヨークに来ることがあれば立ち寄ってくれてもいいわよ」

 

え、先生アメリカに戻るの?

もっと早く言ってほしかった(笑)

 

授業が終わってから慌てて先生のオフィスに立ち寄り、修士論文の方向性について相談。

Ballet Dramaturgyについて書きたいというと、

 

「5月にニューヨークでBallet Dramaturgyのカンファレンスがあるから、ぜひ行っておいで!

私はそのころサンフランシスコにいるから行けないけど、感想聞かせてちょうだいね!」

 

旅費いくらかかると思ってるんだ・・・

 

でも最近知り合う人は、なぜかNYに住んでいた人が多いです。

渡英してから定期的に飲みに行ったり、何でも話せる仲になるのはアメリカ人ばっかり…。

現在私が振付を担当しているパフォーマンスも、NYとものすごく関わりの深い作品です。

大好きなベン・ウィショーもしばらくブロードウェイの舞台に立ってるし、

行きたい気持ちと現実の狭間で揺らいでいます。

 

宝くじ当たらんかな(笑)