IMG_3211

Think Through Theatre


昨日はロンドンのCentral Saint Martinsという芸術大学に、プロジェクトの打ち合わせに行きました。

初めて行ったのですが、建物も人もお洒落!!

うちの大学と全然違う!!笑

 

よく日本の雑誌に載ってるような「ロンドンのストリートファッション特集」みたいな雰囲気でした。

ロンドン生活に慣れてくるとだんだん化粧もしなくなるし、ヒールもここ半年全く履いていませんが

(日本で大学生・社会人している時はすっぴん・ヒール無しで外出なんて考えられなかった!)

もう少しお洒落を楽しもうと思いました。

 

打ち合わせは5月末のショーに向けてのもの。

私はドラマトゥルク、そして振付も担当する予定です。

楽しみ!!

 

打ち合わせのあとは、6月からリハーサルが始まるOld Vicのコミュニティーシアターにて

Drop-in Sessionがありました。

一般の人たち向けの無料のワークショップで、テーマは演劇関連のものからそうでないものまで。

昨日は”イギリスはEUに残留すべきか否か”というテーマでした。

6月に控える国民投票を前に、シアターを通じて考えようというもの。

私はEU市民ではありませんが、面白そうなので行ってみました。

(行ってみるとカナダや南米など、EU圏外出身の人も結構いました)

 

一応シアターということで、演劇学校なんかで行われるようなちょっとしたゲームに始まり、

EUの歴史をチームに分かれてサイレント・ムービーとして演じるというものもありました。

また、用意されたいくつかのテーマについてディスカッションする段階では

人やモノの自由な移動や経済活動について、議論が白熱。

EU圏のどこでも教育が受けられるというのは、日本人にとっては羨ましいです。

だって、EU圏出身とそうでない人では、支払う学費が倍くらい違うので。

まぁ、それがあるから私はどの授業も休まず行ってるのですが…笑

 

あっという間の2時間。私に投票権はなくても、十分楽しめました。

帰りは最寄駅までイギリス人の女優さんと一緒に帰ったのですが、

ヨーロッパを自由に行き来ができるのは俳優活動をするうえで非常にありがたい、と言っていました。

さて、6月の国民投票の結果はどうなるのでしょうか。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です