IMG_3244

「帰りたくなる」パフォーマンス:Fox Symphony


タイトルは決して悪い意味ではありません。

思わず日本に帰りたくなるパフォーマンスを観ました。

一緒に観に行ったギリシャ人・フランス人のクラスメートも、見終わったあと

 

「ホームシックになった!帰りたい!」

 

って。

 

みんなLCCとか電車ですぐ帰れるからいいやん。

 

日本まで何時間かかると思ってるんだ(笑)

 

今日のパフォーマンスはFoxという名のとおり、キツネをモチーフにしたもの。

キツネのメイクを施した女性アーティストのソロパフォーマンスだったのですが、映像や口パクを駆使して1人何役もこなしていました。

たとえばバンドのボーカル役の時は、ドラムやベースは事前に撮った自分の映像を後ろに流すとか。

 

テーマはイギリス人のアイデンティティー。

「典型的なイギリス人たち」を言葉や動作、音楽、食を通じて表現するのですが、出身地・階級によってアイデンティティーが細かく分かれれています。

スコティッシュ、アイリッシュ、中流階級、労働者階級…

英語の発音、大事にしている記念日、結婚相手、食べ物。生まれ育った土地や階級はこんなに影響力を持つのかと思い知らされました。

そういえばスコットランド出身のクラスメートはロンドンに住んで4年目ですが、自己紹介の際には必ず”I’m Scottish”と言います。Britishはまだ許せても、Englishと言われると「ちがーう!」って思うそうです。

 

さて、パフォーマンスに戻ります。

 

口パクとコミカルな動きで、会場は終始笑いに包まれていました。1か所だけ彼女自身の声を撮ったと思われる映像が流れ、そこだけちょっとしんみり。

ロンドンはmulti cultural cityと言われますが、いろんな人たちがいろんな理由で集まっています。

長く住んでいても祖国が忘れられず、「ここは自分の居場所じゃない」と思っている人。あるいは祖国が嫌で思い出したくもない人。

 

映像の中で印象に残った部分がありました。

 

「子供の頃から自分のアイデンティティーに悩んでた。おじいちゃん・おばあちゃんがすぐ近くに住んでるとか、親子3世代で同居しているクラスメートが羨ましかった。きっと自分がどこに属しているのかなんて、考えたこともないだろうから」

 

このあと、都会でひとりぼっちのキツネの映像が流れます。

山から下りてきてしまったキツネ。

ゴミを漁って食べるキツネ。

あてもなく彷徨う、1匹のキツネ。

 

家族はどこにいるの?

1人でそんなもの食べて生きてるの?

ここはいるべき所ではない。

 

このキツネの映像で、多分みんな帰りたくなったと思います。

言葉を発しなくても、感情を出さなくても、動物の映像のインパクトは強烈ですね。はっきりしないからこそ余計に自分と重ねてみたり、深読みしたり、いろいろ考えてしまうのでしょうか。

 

今まで「アイデンティティー模索系」パフォーマンスはいくつか見ましたが、今日のパフォーマンスほど「観客自身のアイデンティティー」を考えさせるものはありませんでした。逆にキツネのメイクをしたアーティストが何者なのかは、わからずじまい。

面白い体験でした。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です