IMG_2582

DreamThinkSpeakワークショップ


うちの大学には演劇サークル的なものがいくつかあるのですが、その中でおそらく最大勢力と思われるKing’s Playerが毎週ワークショップを開いています。

というのを最近友人に聞いて初めて知り、2人でワークショップに参加してきました。

 

ワークショップが行われたのは見た目はオンボロ、中はちゃんとしたステージやバーを併設したstudent unionの建物。

テムズ川に臨み、タワーブリッジ・シャード・ナショナルシアター・ロンドンアイなどが一望できます。学費が高いのも納得(笑)

 

IMG_2583

 

ゲストスピーカーとして来てくれたのはDreamThinkSpeakという劇団の芸術監督、トリスタン・シャープス氏(Tristan Sharps)。

サイトスペシフィック・パフォーマンスという劇場以外のさまざまな場所を活用することで知られ(彼はsite responsiveと言っていますが)、金沢と高知でも2013年に公演をされています。

 

私は彼の作品を観たことはありませんが、ウェブサイトで見た感じとても素敵です。

DreamThinkSpeak Productions

 

なんといってもトリスタン・シャープス氏が素敵!

終わってから話しかけるととても気さくに応えてくれ、別れ際も「今日は来てくれてありがとう!」と彼の方から私と友人に握手を求めて来られました。

 

「サイトスペシフィック・パフォーマンス」(site-specific performance)というジャンルは、授業で何度か出てきました。

演劇・ダンス・アートを劇場や美術館とは違う場所(屋外・工場・教会など)で行うとき、どうスペースを使うのかが重要になってきます。

その場所にフィットするように演出するのか、もしくは「こんな使い方!?」と意外性を狙うのか。

 

トリスタン・シャープス氏のスペースに対する感覚は、子供の頃に鍛えられたそうです。

「昔はとても狭いアパートに住んでたから、広いスペースをよく想像したんだよ。こんな風に使いたい、あんな風に使ってみたいと」

 

その後パリにあるフィジカルシアターの名門、ジャック・ルコック演劇学校で学び、演劇の世界へ。でも本当はアートに興味があったとか。

 

「子供の頃、学校の先生に『絵の才能はない』と言われた。でも信じなかった。あれは先生が悪かった」

 

淡々と話すシャープス氏は、自分の能力に責任を持っているように見えました。才能は先生が決めるものではない、上手くなりたいから練習するのだと。そして現在は演劇とアートを組み合わせた作品を作っています。

 

他にも過去の作品の制作過程やお客さんの反応など、2時間にわたって話していただきました。

ほとんどが空間の話。

「窓を開けたら電車が走ってて、廊下の向こうに庭があって…素晴らしいスペースだった」

「金沢にはマンガがいっぱい置いてある場所があって、とても面白かったよ!」

兼六園や21世紀美術館ではなく、マンガ喫茶に興味をそそられたようです。

 

そういえば先日、他のアーティストも「スペース」をテーマにしたパフォーマンスをしていました。

 

「私たちは皆コンクリートの上に住んでいる」

 

そう言うと砂の中に両足を入れ、その上からワインを注いで地面を固めていました。

 

空間に対するいろんな捉え方・表現の仕方があるものだなぁと思いました。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です